キャットフードの素材

キャットフードには素材によっても味やにおいに違いがあります。何を素材と下キャットフードなのかは、パッケージに記載されている成分表を確認することで知ることができます。代表的なものは肉、穀物、魚などです。この中でも肉や魚といった高たんぱくのものは猫にとって良い影響を持ちます。もともと猫は野生の場合、自分で狩りをして鳥や小動物を捕獲する本来肉食の狩猟をする動物です。そのため、穀物などの植物性のものと比較し、動物性のたんぱく質などは猫の体にとって受け入れやすく合っているものとされます。

肉を素材としたキャットフードの中でも多くの人が購入しているのはチキンを使用したキャットフードです。本来、野生で過ごす中で鳥などを狩猟してきた猫にとって好まれやすい味やにおいであることや、猫の成長や健康を保つうえで必要な栄養が多く高たんぱくなこと、更には飼育されているため素材として入手しやすく、比較的安価で上質なものを継続して与え続けることができることが、チキンを使用しているキャットフードを選ぶ人が多い理由です。味の好みは猫によって違うため、よく好んで食べてくれるものを中心に栄養のバランスを考え与えることが大切です。

キャットフードの選び方

一口にキャットフードと言っても、その種類は多く幾つかに呼び分けられています。

まずはキャットフードに含まれる水分量の違いによって呼び分ける場合です。最も水分量が少ないものをドライタイプと呼び、水分有料が30%前後のものをセミモイストタイプ、最も水分有料が多いものをウェットタイプと呼びます。それぞれ保管の方法が異なり、ドライタイプ以外のものは水分有料が多くなるため、保管の際はカビが発生しないように十分注意が必要です。また、食べた時の食感や感じる匂いなども水分量によって変化があり、ウェットタイプのものが一番においが強く、食感も残っているものが多いため、猫が好む傾向にあります。

また、猫の成長時期によっても与えるものが変わってきます。幼い頃は摂取しやすいミルクや子猫用のキャットフードを与えることで、消化器官などに負担を与えることなくしかりと必要な栄養を摂取することが可能です。成猫に近付くにつれ、少しずつ固形に慣れることが必要となる為離乳食として与えるフードもあります。そして、一番動きが多く、活発な成猫にはカロリーが高く栄養も多い成猫用のキャットフードが、少し落ち着いて運動量が減少する老猫には低カロリーで栄養バランスもしっかりと考えられたシニアフードが販売されています。

キャットフードへのこだわり

忙しい毎日の中で、ゆったりとした猫の動きに癒しを求め、最近では猫カフェなども需要に合わせるように次々と出店し、よく見かけるようになりました。また、アパートやマンションでもペットの飼育を許可される物件も増え、自宅で猫を飼っている人も以前に比べ増加しています。猫の種類も増え、毛足の長い種類や体のバランスが特徴的なものまで、今まで日本にはいなかった種類のものも珍しくありません。そんな多様化する猫の世界に応じるように、キャットフードもまた実に多くの種類が販売されています。実際に猫を飼っている人の中にもキャットフードを購入しに店に出向いてその種類の多さに驚いた人も多くいます。何が違い、どのキャットフードが自分の猫に合うのか見分けることは簡単なことではなく、ペットショップの店員や獣医が進めるものをそのまま購入するといったケースも少なくありません。

しかし、人間にも味の好みがあったり、成長に合わせて食べるものが変わるように、猫にとっても味の好みや時期によってキャットフードを与え分けることが必要となります。言葉を交わせない猫にとっての好みなどを把握するのは簡単なことではありませんが、より健やかに元気に過ごすために大切な事です。また、猫にとってキャットフードとは一日を過ごすためのエネルギーのもとであり、体を作る全ての栄養源でもあります。そのため、好みだけではなく含まれる栄養や与える量についても十分に考慮することが大切です。